インフォメーション

NEW リスキーベイリス110!!

2018年10月15日

リスキーブレイス・リスキータイリスに続くブレードシリーズ「リスキーベイリス110」は、ブレード付きシンキングペンシルです。
ショア・オフショアどちらでも使えるサイズで、堤防・磯・サーフ・河川・船…と使用するフィールドを選びません。
ただ巻き・ジャーク・トゥイッチは勿論のこと、フォール中や流れの中でのステイ中にもブレードがオートマチックにアピールし続け、シンキングペンシル特有のナチュラルな動き+ブレードの煌きが、青物・サワラ・カツオ・マグロ・シーバス・ヒラメ…等々、フィッシュイーター達を魅了します。

またブレードの誘引効果がバイトマーカーとなり、牙モノのリーダーバイトも大幅軽減。
腹部の独特なアウトメタル構造による超低重心設計により、安定した姿勢を保ちます。
貫通ワイヤーで強度十分なボディにトレブルフックはST-46#3を標準装備で、フック交換せずとも中型クラスの青物まで対応可。

新登場!MP(マルチパーパス)シンカー

2018年09月18日

マルチパーパスシンカー(MPシンカー)は、様々なリグに対応します。
フリーリグ、パンチショット、ダウンショットなどの他に、ツイストロックなどとの併用ではネコリグに…と、使い手のアイデア次第でマルチな使用が可能になります。
ネコリグでの使用時にはワームに対するツイストロックのネジ込み量によってスタック感を調整出来ます。
半固定:スタック感重視 → 完全固定:すり抜け重視
このシンカーの独特な形状は、低重心であることと、六面に設けられたエッジで感度とスタック感を重視したデザインです。

最新イカメタル釣法「投げるオモリグ」実釣解説in鳥取

2018年09月14日

最新イカメタル釣法「投げるオモリグ」実釣解説in鳥取

イカメタルゲームから派生して誕生した中オモリを使用した釣法の「オモリグ」。鳥取や福井といった日本海を中心に盛り上がりをみせる釣り方だが、実はエリアごとにオモリグの概念は少し異なる。ある地方ではバーチカルに狙い、あるエリアではキャストして使用するなど、ひと言に「オモリグ」といっても若干の違いがあるのだ。
今回は鳥取エリアで多く行われている「投げるオモリグ」通称・投げオモを、カンジインターナショナル代表である小濱が実釣解説。仕掛けの基本や使い方はもちろん、なぜ、投げオモが有利であるかといった概念などを細かく説明する。
オモリグ初心者の方はもちろん、バーチカルなオモリグをメインにしているアングラーの方にも是非ご覧いただきたい。

ドラステ釣法とは

2018年08月27日

私たちが提唱する「ドラステ釣法」ですが、従来のタコ釣りの常識を覆すことができると考えています。タコ釣りでは従来はありえなかったPE1号、張りのあるファーストテーパーのロッドという繊細なタックルを使用することで、タコのファーストコンタクトを手元でアタリを感じることができるため、フッキングで自ら掛けていくことができます・・

タングステンネイルシンカーCP 新登場

2018年08月02日

「挿しやすい」「抜けにくい」「低重心」「ワームの形状を変えない」というネイルシンカーに求めらえる全てのバランスを徹底的に突き詰めて設計しました。コンパクト性を重視し、従来のネイルシンカーより同ウエイトでもショートサイズに仕上げました。お求めやすい全サイズ共通価格でハイコストパフォーマンスも実現。