カンジ

ドラステ釣法とは

私たちが提唱する「ドラステ釣法」ですが、従来のタコ釣りの常識を覆すことができると考えています。タコ釣りでは従来はありえなかったPE1号、張りのあるファーストテーパーのロッドという繊細なタックルを使用することで、タコのファーストコンタクトを手元でアタリを感じることができるため、フッキングで自ら掛けていくことができます。アタリがとれるということは即ち「タコがボトムに張り付く前に釣りあげる」ということ可能にします。タコエギには細軸で多点フックのからめ鈎を使用することでスイープなフッキングでも簡単に刺さり、バラシを極端に少なくすることができます。もちろん釣果アップに繋がります。



リグを一点でステイさせるドラステ釣法では、シンカーとタコエギの間に「KKリグ」と呼ばれるワイヤーを使用します。このワイヤーを入れることにより、シンカーを着底させた状態でもタコエギだけを持ち上げてアピールすることができます。また、シンカーにも特徴があり、イカメタルで使用するオモリグ用のシンカーを2つ逆付けで使用します。この逆付けがミソで、上部に重心を持ってくることで根掛かりを抑制することができます。さらに、2つ付けることで支点が増えるため、根掛かりの際に荷重が移動して外れやすくなります。また、シンカーのカラーをタコエギとリンクさせるなど、色による戦略の幅も広がります。このようにリグを構成する1つ1つについても細かなこだわりを凝縮させました。ドラステ釣法では感度を重視するため、タコベイトやフラッシャーといったモノは基本的には使用しません。



タコの習性を見直し、感度を追求することで生まれたドラステ釣法ですが、その結果生まれたのが、ルアーフィッシングとしてのゲーム性の高さだと考えています。正直なところ、これまでのタコ釣りにはルアーフィッシングとしての、「誘て、掛けて、捕る」という根本的な部分が少ないように感じていました。私自身、以前はバスを本気でやり込んでいましたし、ルアーゲームとしての要素は求めていた部分です。そういった意味では、これまで船タコ釣りに興味のなかったルアーマンにもオススメしたい釣法です。



ドラステの名前の由来ですが、ブラックバスの釣りで「ドラッキング」といって、風や波の力を利用してボートがが一定に動くのに合わせて、ルアーを泳がせる釣法がありますが、ここから取りました。さらに、ルアーを1点でステイさせてタコを誘うということを組み合わせて「ドラッキング」×「ステイ」で「ドラステ」という名称にしました。また、ドラステには従来の概念を根本から覆す、という意味もあるため、革新的な釣りになることを目指すという姿勢も含んでいます。
決して、従来の船タコ釣りを否定するものではありませんが、革新的な釣りであるということの自信はありますので、この圧倒的なゲーム性の高い釣りを広めて行きたいと思います。

※注意:ドラステ釣法は、ラインやシンカーのウエイトが周囲のアングラーと異なるため、乗合船の場合は船長に許可を得て行うようお願いします。


カンジインターナショナル代表
小濱 弥

 

 

水中イラスト・仕掛図

MOVIE