オモリグ専用タックル解説

ロッド:ST-metal SP705ファイヤーティップ

 

通常のベイトタックルを使用するイカメタルゲームでは、通常ウエイトが最大で20号(75g)までですが、オモリグゲームでは、20号~30号(115g)の専用オモリをメインに使用します。

 

ベイトタックルでは、バーチカルで落とし込むだけですが、オモリグのスピニングタックルでは、30号(115g)のウエイトをキャストして使用します。

 

従って115gのウエイトをキャストし、しゃくってアクションさせるパワーと小さなアタリを感じ取れる繊細なティップの融合が必要となります。

 

上記要素を完全に満たすべく鳥取の遊漁船「海佐知丸」松田船長完全監修の元、試行錯誤を行いオモリグ専用ロッドとして仕上げました。

 

◆30号のウエイトをキャストする全体のパワー

◆シャクる為のベリー~バットにかけてのスムーズなテーパーとパワー

◆もたれるような微妙なアタリを見て感じ取る為の繊細なティップ

 

オモリグに必要な要素を全て集約して作成したのがST-metal SP705ファイヤーティップです。

 

omorigu-3

 

 

ハンドル:Union52-58 FP37パワーハンドル

最大30号(115g)のウエイトをシャクリあげてアクションするオモリグに取って、必要不可欠なパワーハンドルです。

 

使用するリールは、通常エギングに使用している2500番~3000番クラスにPE05~06で問題有りません。

 

しかし100g前後のウエイトをシャクリ上げる事は、ライトジギングと同様の内容となり通常のエギングに使用するハンドルノブでは、シャクリ動作の幅に限界が有ります。

 

通常のエギングでは20g前後のエギをシャクルので、グリップエンドを脇に挟む事は、有りませんがオモリグでは100g前後のウエイトを使用するのでグリップエンドを脇に挟んでのシャクリが圧倒的に負担無くシャクル事が可能です。

 

ジギング経験者で有れば、ピンと来ると思います。

 

上記の内容を踏まえ、メガテック社へ相談し仕上げたのがUnion52-58 EP37仕様です。

 

ノブ重量は、14.8gと超軽量パワータイプノブなので持ち重り感も有りません。

 

ノブの比較重量ですが今回使用の「EP37が14.8g」

通常のエギングハンドルノブ「finoが8.4g」と6.4gの重量誤差しか有りません。

 

外観から感じる重量感は、実際に手に取ると有りませんのでご安心下さい。

 

EP37展示用ポップ-2

 

専用ロッド「ST-metal SP705ファイヤーティップ」 ¥28000(税別)

専用ハンドル「Union52-58 EP37 パワーハンドル」¥18500(税別)

 

両アイテム共に5月末発売です。

 

オモリグ(イカメタル)解説

イカメタルの釣法として、ここ数年で一気に加速してきている釣法・・

 

オモリグ釣法

 

昨今のイカメタルでは、カウンター付きベイトタックルでのバーチカルゲームが主流ですが、山陰、北陸エリアでは、それ以前より俗に言う「中オモリ式釣法」が主流とされていました。

 

そしてその「中オモリ式」も進化を重ね現在で言う「オモリグ釣法」として確立されるようになりました。

 

オモリグとは、どのような釣法を言うのか・・・

 

オモリグ基本セッティングポップ

上記の図が「オモリグ」の基本セッティングです。

 

20号~30号のオモリを中間にセッティングし、1ヒロのリーダーの先にエギを使用。

 

潮上にキャストし、ボトム着底後に数回しゃくり(棚を探る釣りなのでシャクリ回数で棚を合わせて行きます)テンションフォールでアタリを待ちます。

 

テンションフォールの長さも棚に合わせて次のシャクリへと続けて探ります。

 

アタリはベイトのバーチカルと同様に微妙にティップが入ったり、もたれたるカンジです。

 

 

 

では、バーチカルのイカメタルと何が違うのか・・・です。

 

それはズバリ 

 

でかいサイズを狙い撃ち出来る!!

 

 

夜間に行うイカメタルゲームでは、照灯による集魚効果で船の下に集まったイカを狙います。

 

船の下には大小入り混じったツツイカやベイト、そのベイトを狙うフィッシュイーターと様々な魚種が集まります。

 

当然集まったフィッシュイーターからすれば、ツツイカも格好の餌食対象なので、容易に泳ぎ回るのは難しいと思われます。

 

特にケンサキイカは、ツツイカの中でも遊泳力が弱く照灯した灯りに群れとなって集まっているので、小型になればなるほど、遊泳力の弱さが仇となりその群れから外れる事が出来ずに固まっています。

 

なので数釣りの面ではベイトタックルでのバーチカルで全く問題有りません。

 

しかしサイズアップを考える場合、遊泳力の高い大型のケンサキイカを効率よく狙う必要が有ります。

 

 

「照灯の外側を狙うと大型が釣れる」

 

イカメタルゲーム経験者ならば、体感している方も少なく無いと思います。

 

これは前途の理由で、広範囲に動いて捕食する事が出来る大型のみ釣っているから・・・ではないでしょうか?

 

そこに早い潮流が絡むと、さらに遊泳力の差が大きくなり大型の個体のみ狙い撃てる確率が高まるのです。

 

自分自身でベイトタックルとスピニングでのオモリグ釣法での違いを実際に体感し、知り得た答えがそれです。

 

 

次回は専用タックルについて解説したいと思います。

 

 

リスキーリスカスⅡ

三重県、伊勢湾のファイヤードルフィン宮本船長が生み出した

 

ブリ爆釣メタルジグ〝リスキーリスカスⅡ”

 

risukasu-buri

glow-head

 

 

リスキーリスカスⅡは、スピニングタックルでのハイピッチ、ベイトタックルでのフォール主体のスローピッチ共に使用可能なオールラウンド青物用メタルジグです。

 

その実績高いリスキーリスカスⅡを、リスキー&カンジのコラボカラーとして宮本船長の実績に基づきフルカラーリニューアルで発売致します!

 

#01 ウエーブホロシルバー

wave-silver

 

 

#02 ステインシルバー

stainhoro-silver

 

 

#03 グローヘッド/ウエーブホロシルバー

glow-head

 

 

#04 レッドグローヘッド/ウエーブシルバー

red-glow-head

 

 

 

#05 ブルーグローヘッド/ウエーブホロシルバー

blue-glow-head

 

 

 

#06 アカキンゼブラ

akakin-zebra

 

リスキーリスカスⅡ

170g 定価¥1600(税抜き)

200g 定価¥1700(税抜き)

250g 定価¥1800(税抜き)

 

リニューアルカラー7月~8月発売予定

 

 

リスキーブレイス

三重県伊勢湾のファイヤードルフィン宮本氏渾身のブレード付きメタルジグ

 

リスキーブレイス

akakin

 

 

身の詰まったショートボディとテールに取り付けられたブレードがボディと接触し音を立てながら上がって来る唯一無二のブレードアピールメタルジグです。

 

フォール時は、ブレードのパラシュート降下にボディが引っ張られ、横向き姿勢でフォールするので下側から突き上げて来る太刀魚にも効果絶大。

 

ブレードは、ただ単にアピールするだけでは無く、抵抗となる為にボディとブレードとが通常には無い波動をも生みだします。

 

リスキーブレイスのその釣果は、既に全国へ広まっており周知の通りです。

 

青物、太刀魚、根魚、鯛・・

 

あらゆるターゲットを狙い撃つ事が可能な爆釣メタルジグです。

 

そのリスキーブレイスをカンジコラボカラーとしてグロー基調のカラーランナップへと生まれ変わります!

 

#01 オレンジゴールドグロー

orange-gold

#02 レッドゴールドグロー

akakin

 

#03 グリーンゴールドグロー

green-gold

 

#04 ピンクグロー

pink-glow

 

#05 パープルグロー

purple-glow

 

#06 クロームレッドグロー

black-red-redglow

#07 クロームシルバーグロー

silver-black

 

100g 定価¥1350(税抜き)

130g 定価¥1450(税抜き)

160g 定価¥1550(税抜き)

 

完全リニューアルのリスキーブレイスは7月発売!!

 

 

フリーレイリーカラー紹介

高橋剛リリースの第3弾 フリーレイリー(6月発売予定)

定価¥1650(税抜き)

 

フリーレイリーのカラーコンセプトは

ロングボディを側面から見た場合の見え方

これを重視して作成しました。

 

#04以降のカラーに付いては、正面、右側面、左側面、裏面と4面で見え方が変わるようペイントしています。

 

 

#01 ウエーブシルバー

wave-silver

#02 ステインシルバー

stain-silver

 

#03 シルバー&シルバーゼブラ

silver&silver-zebra

 

#04 ゴーストグローシルバーゼブラ

skeltonglow-silver-zebra

 

#05 ピンクシルバー/ウエーブトリック

pink-silver-wave-tric

 

#06 ブルピンパープル/ウエーブトリック

burupin-purple-wavetric

 

#07 ゴールドレッドグロー/ウエーブトリック

gold-redglow-wavetric

 

#08 ゴーストアカクロキン

kurokin-skelton-zebra

 

各カラーのメイン塗装カラーと隙間隙間から見え隠れするホロシルバーとのステイ時とアクション時の見え方の相違が、時として効果絶大になり得る場面も有ります。

 

また、長く見せて食わせるスイッチバックフォールも効果絶大!!

 

スイッチバック図解ポップ

6月発売のフリーレイリー初回は160gの発売です。

 

是非ともお試し下さい。