オモリグ特集ページ

オモリグでダイケンが釣れる理由



まずは図を見て下さい




集魚灯の灯りに対して、ケンサキイカ、ベイト、フィッシュイーター等が集まってきます。
魚類よりも遊泳力の劣るイカは、小型な程に遊泳力が劣って行きます。
従って、集魚灯に集まってきた小型のケンサキイカは防衛本能として群れとなり船直下の影部分に隠れた状態で、ベイトを捕食しようと狙っています。

しかし大型のケンサキイカは、遊泳力を有しておりフィッシュイーターから逃げる事が可能となるので、集魚灯の照らされた外周部の明暗の境目でベイトフィッシュを狙っています。
つまり、この照らされた外周部には大型のケンサキイカのみが回遊している・・と言う事になります。

オモリグ釣法は、スピニングタックルを使用し、キャストする事で上記のダイケンゾーンを狙い撃ち出来る釣法です。



タックルセッティング図

 

 

 

ロッド



6ft後半~7ft代のオモリグ専用ロッドを御使用下さい。
ロッドの長さ選びですが、乗船される船舶の高さが有る場合は、7ft以上を推奨。
小型船舶の場合は、7ft以下の使用を推奨。

 

リール

2500番~4000番推奨。
PEラインは、0.5~0.8推奨。
PEラインとの結束リーダーは、フロロカーボンの2.5号or3号推奨。
※太いPEライン&リーダーは、ガイドを通らなかったりロッド破損に繋がる恐れが有ります。

 

オモリグ専用オモリ

キャスト時の回転によるトラブルの軽減と飛距離の向上と言う点で、低重心のシンカー形状を推奨しています。
又『OMOリグシンカー』は、カーブフォール時の速度を、抑えイカに抱きやすくさせると言う点で、水受け面を設けています。
オモリに触ってくる事の多い釣りですので、オモリもカラーローテーションする事で、ヒットカラーを探したりオモリのカラーで集魚(イカを引き寄せる)する事も可能です。
グロー系、蛍光系は、アピールカラー。
サワラやフグ等が多い場合は、マットブラックを推奨しています。

 

オモリグ専用 三つ又親子サルカン


オモリを接続する三つ又サルカンのスナップにオモリを接続する事で、ライントラブルを大幅に軽減します。

 

専用パワーハンドルの推奨


潮流が早い時やヒットする水深が深い場合、更に大型のイカがヒットした場合には巻上げに、それなりの負荷が掛かります。
又、2500番~3000番のリールに装着されている既存のハンドルは、ノブが小さくオモリグの釣りには巻上げパワーが、やや不足気味となってしまいます。
その巻上げパワーを補助するアイテムとして、パワーハンドルが必要となります。
オリジナルハンドルよりも長めのステーは、巻上げ時の回転距離も長めで、巻き上げ力が向上する役割が有ります。
更に大型のハンドルノブ(EP37)は、2本指で挟みこむ事ができ、より強い力で握りこむことが可能です。

 

オモリグに推奨するリーダー選び(エギに接続する先糸)

オモリグ釣法は、ヒット時にイカが回転しながら上がって来る事があり、リーダーがよれるトラブルが多発します。
このヨレを防止する意味で、張りの有る(硬め)のフロロカーボンリーダーで4号~6号を推奨しています。
又、リーダーに張りが出る事は、アタリの取りやすさにも繋がります。

 

オモリグに推奨するスナップ


ヒット時の回転によるリーダートラブルを軽減する為のアイテムとして、回転重視のスナップスイベル『ヨレナイスナップ』が有ります。通常のサルカンに比べダブルローリングスイベルは、回転力に優れており 大幅に回転による糸ヨレを軽減します。


イカメタル便利ツールはこちら>>